女性

解消さえすればむくみを完璧にストップすることができる

  1. ホーム
  2. 注目されている値

注目されている値

血液

未然に糖尿病を回避

ヘモグロビンという言葉を聞いたことがある人でも、ヘモグロビンa1cという言葉を聞いたことがある人は多くありません。ヘモグロビンa1cは、今とても注目されている値であり、この値が基準値より高いことで、さまざまな病気を引き起こす可能性があることが分かってきました。赤血球の中にあるタンパクのヘモグロビンは、通常は体中を巡って酸素を供給しながら少しずつブドウ糖と結合しています。つまり、ヘモグロビンa1cの値が高くなっているということは、体内で溜まっている糖が多いということになります。これがどのようなことに繋がっていくかと言えば、代表的な病気で言えば糖尿病でしょう。ヘモグロビンa1cの値が大きいことで、糖尿病のリスクが高くなっていることを示しているのです。反対に言えば、このヘモグロビンa1cに注目することで将来、糖尿病になってしまうかどうかが分かるということになります。そのため、この値に医師も注目をしており、頻繁にヘモグロビンa1cの値を調べていくことで未然に糖尿病の発症を防ぐことができるのです。しかし、糖尿病は血糖値を調べることでリスクがあるかどうか分かるはずです。実は、血糖値は食事や体調などで頻繁に数値は前後してしまいます。そのため、正確に糖尿病のリスクを把握することは難しいのです。ヘモグロビンa1cは、過去の1ヶ月から2ヶ月の血糖状態を確認することができるため、とても正確に病気のリスクを確認することができます。そのため、ヘモグロビンa1cはとても注目されているのです。